忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย

pupatgari2

プーパッポンカリー
ปูผัดผงกะหรี่

ปู プー 蟹
ผง ポン 粉、粉末
กะหรี่ ガッリー カレー

⇒ 
カニ・カレー

タイでコレを食ったことがある人に、
”もう一度食べたいタイ料理”を選んでもらうと、
プーパットポンカリーは恐らく1位じゃないだろうか。

トムヤムクンは最も有名なタイ料理だけど、
どうしても食べたい料理という程でもないし、
パクチーを受け付けない人も多いはず。

その点、スラウォン通りの「ソンブーン」の蟹カレーは
辛くなく、パクチーも入ってないので、
誰にでも受けいれられるおいしいタイ料理だ。
(味がちょっとだけ甘すぎる気もするけど)

他に日本人がよく行くラチャダー店の方は
スリウォン店ほどおいしく感じない。

写真はスラウォンの「ソンブーン」の物(Sサイズ)。


他の場所でも例えば、意外や、
道端の屋台でも食える所が多い。

俺が時々行ってたスクンビット・ソイ20の屋台では、
一番小さいので150バーツ(当時)だった。
(味はソンブーンより落ちるけど、まずまず合格)

一人の時は、この
プーパットポンカリー(小)と
カオスワエ(白飯)だけでも十分だね。

ちなみに、蟹の身にも
タンパク質などの栄養があるだろうが、
俺の師匠によると、
蟹の身ではなく、カレーを食うのが通なのだそうだ。

蟹はあくまでダシを取るためで、
蟹カレーにした後の身には味もクソもないから
というのがその理由らしい。

確かに、蟹の身は
水くさくなっていると思いませんか?

それ以来俺も、無知な知人がせっせと
蟹の身を苦労して食べているのをヨソに、
俺は白飯にカレーを載せてパクパク食うようになった。

で、味が沁みこんだカレーに飽きたら、
皆が残した蟹の身を食うようにしている。

元々、蟹を食うのが面倒だ、
と思っていた俺にはちょうどいいんだよね~

他に、蟹カレーを出してくれる店で、
最近日本人にもよく知られはじめた所では、
「光海鮮」というチェーン店がある。

マッカサンやラチャダーなどにあり、
マッカサン店の方は日本の芸能人もよく来ている。
*マッカサン店は冷房が効いている。
ラチャダー店は屋根があるだけの冷房無しの店。

pupatgari2
 

PR

อาหารไทย

[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21

<< オースワン HOME スキー・へーング >>
ads by google
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 プーパットポンカリー Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ