忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย

pratunam

ข้าว มัน ไก่
カオ・マン・ガイ
米・油・鶏

カオマンガイはタイフリーク好みの一品だ。
上の写真は有名なプラトゥナムの店の。
インフレのせいか、鶏肉が小さくなった。

海南鶏飯とか、海南雉飯(←ちょっと字が違うんだけど)
という看板を出している店も多い。

実は俺は当初、気持ち悪くて食う気がしなかった。
子供の頃から、鶏の皮が見るからにキモいと思っていた。
特に毛の穴(?)のブツブツを見ると痒くなるほど。

クーロン黒沢の本に紹介されている
作家のOさんに誘われて、
イヤイヤ食ったのが最初だった。

その後も、自分から食う気にはなれなかったが、
退職後に移ったコンドミニアム付近に日本料理屋がなく、
仕方なくタイ料理ばかり食い始めた頃から
おいしいカオマンガイ屋を見つけ、食えるようになった。

おいしい店では鶏肉がうまいだけでなく、
ご飯にダシ(?)がしみこんでいて、
鶏肉より米の方がおいしいくらいだ。

カオマンガイは店によって大きく差が出る料理だ。
皆さんもじっくり美味しい店を探してみよう!

↓は「カオマンガイ2in1」と言うメニュー。

>pratunam

カオマンガイ・トン(普通のカオマンガイ)と、
カオマンガイ・トード(揚げた物。チキンカツだね)
の2種類を1つの皿に載せたもので、
カルフールなどのフードコート(キャンティーン)に見られる。


↓はカオカームー屋で出してくれるカオマンガイ。
カオマンガイ専門店ではないため、
いろんな具を入れてくれるのが嬉しい。

>pratunam

カオマンガイは通常、スープも付いてくるが、
これだけでは栄養が偏ってしまうのが残念。
また、日本人男性には量が少ないので、
他にもう一品、食わないと腹一杯にならないね。

PR

อาหารไทย

[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16

<< スキーナム HOME パック・ブン・ファイデーン >>
ads by google
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 カオマンガイ Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ