忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย



スクムヴィット・ソイ22に友人が住んでいた事もあり、、
俺もその近所に住んでいた頃には
メシ食いに行く範囲はソイ18~24/1、
奇数側だとソイ33、33/1でほぼ事足りていた。

前回記事の”タイスキがおいしい屋台”も
ソイ20と22の間にあったが、
今回のおススメ屋台もソイ18だ。


地元のバンコクっ子も、地方出身のタイ人も、
ムーヤンを食いたい時には、このソイ18へ来る。
(ムーヤーンはどこで食っても、ハズレは少ないけどね)


タイ料理では、
ガイヤーン(焼き鳥)も美味しいが、
小さいガイヤーンだと腹がふくれないし、
大きいガイヤーンだとムーヤーンより値段が高い。

そもそもガイヤーンは、串刺しタイプ(小)か、
或いは、竹の棒を器用に加工して
鳥の足をガッチリ挟んである(大)のが普通だ。

箸を使わずに食え、しかも歩きながら食う事が多いので、
”食事”というより、”おやつ”を食っているような気がする。

だから俺は無意識に、
”メシのおかずはムーヤーン”
と思うのだが、皆さんはどうだろうか??


さて、このソイ18の角は
トヨタのカーディーラーがあるので分かり易い。
ソイ18は、スクンビットを挟んだソイ23の真向かい。
すなわち、ソイカウボーイの東側がソイ23だから
ソイカに行く前の腹ごしらえに寄るといいね。

ソイ18に入るとすぐ、小さなテーブルに、
焼き魚・焼き蟹・焼きエビなどを並べた店がある。

更に進むと、
ムーヤーンやソムタムなどを作る屋台が2軒ある。

手前の店の方が客が多いが、
味はさほど変わらない。

手前の店は客が多い分、
忙しそうで若干、気が荒い?

 

逆に奥の店は客が少ないので、
いつものんびり、おっとりしている。

俺は昔から、
「ムーヤーン+ソムタム+カオニャオ」
の3点セットを食うことが多いのだが、
ココで食うとだいたい70バーツ前後だ。
(微妙に高いけど、場所がいいから仕方ない)

ちなみに、ムーヤーンの店はどこもそうだけど、
タレを出すのをよく忘れる。
น้ำจิ้ม ナムヂム 「ムーヤンにつけるタレ」

というので、覚えておこう!

スクンビット在住者でムーヤーン食いたい時は、
バンコクのスクムヴィット・ソイ18へどうぞ!!

定休:日・月曜
営業:夕方~23:00頃
営業時間はテキトーなので、余裕を持ってどうぞ

PR

อาหารไทย

ads by google
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 ”ムーヤーン”の美味しい店 Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ