忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย

 somtamthai

ส้มตำ ไทย
ソムタム・タイ

ソムタムというのは
熟していない青いパパイヤを千切りにして、
酸っぱく和えるタイ風サラダ。

タイ東北部イサーン地方の代表的料理だね。

ソムタム・タイがあるなら、
他の国のソムタムもあるのか、と思ったら、
例えばソムタム・ラオ(ス)などもあるらしい。

俺はあまり詳しくないのだが、
ソムタム・プー(蟹入りソムタム)など、種類は多い。

<作り方>
ソムタム用の壺のような臼に唐辛子を入れ、
捏ね棒(?)でトントンと搗く(つく)。
それから千切りにしたパパイヤ、さやえんどう、トマト(によく似たもの)、ピーナツ、小エビ、マナーオなどの
具を入れ、
砂糖、味の素、ナムプラー、各店の秘伝のタレなどを加えて
さらにしばらく搗いて出来上がり。


たまに、水商売風のキレイなオネエチャンが
トントンと搗いている事があるが、
よく見ると、その女は客だったりする。

自分の好みに搗きたいから、とか、
屋台のオバチャンが疲れたから、とか
理由は様々なようだ。

マナーオ(タイ産ライム)の汁で酸っぱく、
唐辛子のエキスで辛い。

最初はこのソムタムが嫌いだったが、
イヤイヤ食っているうちに慣れた。

バックパッカー時代の習性なんだろうね、
本能的に生ものを避けていたんだが、
意外にコレで腹を壊すという事はない。

パパイヤは新鮮なうちに使い切るし、
とうがらしを大量に入れて搗くので、
細菌が繁殖しにくいからだろう。

俺は唐辛子を入れないように注文するのだが、
それでも適度な辛さがあるのでちょうどいい。

ソムタムを搗く壺の中に、前の人のために作った分の
とうがらしのエキスが残っているからだ。


でも、さすがにソムタム・プーだけは食えない。
(プー=蟹。蟹入りソムタム)
川の蟹(沢蟹)を使っているので、肺臓ジストマが心配だ。
(知らない人は、漫画「サバイバル」を読んでね)

タイ人は、とうがらしを大量に入れるので、
調理中に菌が死ぬので発病しないんだろうが、
(たぶん↑俺の勝手な推測。火を通してれば全く問題なし)
俺は辛いと食えないので唐辛子を入れないため、
罹患する恐れがあるからだ。

一度、知らずにソムタム・プーを食って、
沢蟹入りだと分かって口の中にある分だけは
全部吐き捨てたことがある。(それでも心配だった)


また、熟してないパパイヤは、
意外と栄養があるのかもしれない。

というのも例えば、熟す前の枝豆の方が、
熟した大豆より栄養があるらしいから、
それと同様なのかも、などと勝手に思ったりする。

もしそうだとすると、古代タイ人の長年の知恵なのかもね。


タイ人の中には、
「ソムタム・タイは甘いから嫌い。」
と言う者もいたりするのでおもしろい。

我々からすれば、とうがらしを10個近く入れる
ソムタムは辛くて食えないのに、それを「甘い」と言う。

それを聞いた時、
「コーヒーにあれだけ砂糖を入れて飲む国民が、
 あんな辛い物を甘くて食えないとはコレいかに?」
と思った事がある。

で、そういう人たちはソムタム・タイではなく、
ソムタム・プーとかの甘みを抑えた種類を好むようだ。

PR

อาหารไทย

[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [9]  [10]  [8]  [7]  [6]  [5

<< ヤム・ウンセン HOME カオ・カー・ムー >>
ads by google
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 ソムタム・タイ Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ