忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย

บะหมี่ ฮ่องกง

バミー香港(バミー・ホンコン

ホンコン・ラーメン
香港風の焼きビーフン


bamyhongkong

バミーと言ってもタイの黄色い麺じゃなく
米から作られた香港麺を使用している。
細くて白く、やや堅めの、素麺のような麺だ。

具はエビやイカなどのシーフードと野菜。
肉類は入ってないがキャベツがやや多目。

味は薄味の焼きビーフンという感じで、
盛りが少ないから一回の食事としては物足りない。

「スキナムとスキヘンのおススメ店」
として紹介した屋台の裏メニューだ。
スクンビット通り沿い。ソイ22の入口から約50mってトコかな?

メニュー表には載ってないから、
「バミー・ホンコン」と注文しよう。

ペプシと一緒に頼んで60バーツ。

オヤジの計算間違いでなければ、
ペプシが20バーツでバミーホンコンが40バーツだろう。

この店では
スキナーム、スキヘン(各30バーツ)がイチオシだが、
焼きソバ系が食いたい時などに、
このバミーホンコンを試してみるといいかもね。

このバミーホンコンを食べられるタイ料理店は、
タイ国内でも特にバンコクには意外と多い。

中華系タイ人のタイ料理屋なら、
メニューになくても作ってくれるかもしれないよ。
 
PR

อาหารไทย

ผัดเปรี้ยวหวาน

パット・プリアウ・ワーン

soursweet

これはタイ料理というより、
西洋料理や中華料理をアレンジしたような一品。

名前の通り、
酸っぱく(プリーヤウ)かつ、甘い(ワーン)。

これに最も近い料理は酢豚だが、
酢豚よりもクセのない酸っぱさと甘さで食べやすい。

タイ料理のヤム料理やソムタムなど、
日本人には馴染みのない類の「酸っぱ甘い」とは
違う種類の「酸っぱ甘い」なので、
好き嫌い激しい人でも抵抗なく食べられると思う。
”甘酸っぱい”という表現はちょっと違う気がするので、
  あえて「酸っぱ甘い」と書きました。



写真は、以前紹介した、
”キクラゲのショウガ炒め”の店

場所は、バンコクのタイムズスクエア隣。
(スクンビット・ソイ12と14の間)
バンコクの中心部で便利な場所だね。


2008~2009年に改装して、
若干・・・わずかに・・・こぎれいになった。

俺は改装前の、木のテーブルを使った
微妙にカントリー風の昔の方が好きだけど。

夕方何時まで営業しているのか知らないが
日中はオープンしているので昼食にどうぞ!

soursweet

↑肌色の線で囲った店↑

soursweet

↑これがその店↑

อาหารไทย

ไข่เจียวชะอม

カイチアウ・チャオム

khaiciauchaom


「チャオム」という草?野菜?が大量に入った卵焼き。

バンコクで最近大流行の
厚焼き卵のカオ・カイジヤウよりも薄い。

「チャオム」は
日本でも見た事があるような気がする
細い茎の、見た目ハーブっぽい小さな草だ。

このカイジアウ・チャオムは、
塩味を強めに効かせてある店が多い。

カイヂヤウの種類では最も特徴があり、
卵焼きというよりピザの一種っぽいね。

バンコクより、
地方でよく見かけるような気がするな~・・・

ちなみにチャオムは
大量に食うと口臭のもとになるのと、
農薬だったかがが大量にかけられているという噂もある。

なので頻繁に食うのは避ける方がよいかもしれない。

もやし等はタイで食うのは危険とよく言われるが
そういう種類の食品ということかな。

อาหารไทย

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

<< 前のページ 次のページ >>
ads by google
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ