忍者ブログ
タイ料理を屋台で食べてみたいけど、 料理の名前が分からなくて注文できない・・・・・・・・・ こんな歯がゆい思いをしている人のための、 バンコク・パタヤ・プーケット・チェンマイ・タニヤ(^∀^)タイ全土で「屋台で食べるタイ料理」のガイドブックとなるブログです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

อาหารไทย

kaopat

ข้าวผัด รวมมิตร
カーオ・パッ(ト)・ルワムミッ(ト)

カーオ・・・米。

⇒米をパット(炒める)する
・・・つまり、タイ風ヤキメシの事。

ピラフのような焼き飯ではなく、
チャーハンのように油っぽいのが、
タイ風焼飯の特徴だね。

写真では分かりにくいが、
イカ、エビ、ブタ、卵などが少しづつ入っている。

他にも、

★青菜・・・「カナ」という小松菜みたいなタイの野菜。
 発音は「~かな?」と言うときの”カナ”とほぼ同じ。
★(ノーマイ)ファラン・・・アスパラの水くさい版。
 (”ファラン”はグアバという水くさい果物だ)

その他、たまねぎ、トマトなども入っててヘルシー。

タイ料理の中でも、
最初にこのカオ・パッ(ト)という言葉を覚える事と思う。

短くて覚えやすいし、チャーハンの事だから馴染みがあるからね。
しかし、こんな簡単な単語でも、少し発声が違うだけで、
全く違う料理がでてくるので、驚く。

例えば・・・
カオ・パオ(厳密には カーオ・プラオ)・・・白飯

クラパオ(クラプラオ)・・・以前紹介した肉野菜炒め
が出て来たりするんだね。

俺は毎日精力を激しく消耗するため、
いつも2~3品を食べないと体がもたない。
そのため、おかずを2品と白飯を注文した、と
店の人が勘違いするんだろうね、
特に白飯が出て来る事が何度かあった。

タイ語にはパ行(英語だとPの行)が2種類あり、
注意して発音しないと誤解されやすいのだ
(PかPHか、つまり無気音か有気音かの違いだが)。

まあ、仮に店の人に通じなくて、
思った料理と全然違う物が出て来ても、
安価なんだから気軽に注文しようね!

PR

อาหารไทย

ads by google
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
タイ料理の本

ads by google

Ads by Google

タイ料理あれこれ by フーフー岡村 カーオ・パット・ルワムミット Produced by フーフー岡村 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ